FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今、あちこちで、山茶花(さざんか)が咲いているようです。
八重咲・一重咲、淡紅色・紅色など園芸品種が多いそうで、現在日本だけでも100種類近い園芸品種があるようです。
別名ヒメツバキと言うだけあって、紅色のものは一見ツバキとの見分けがつきにくいですね。
雄しべが筒状になるツバキに対して、サザンカはややまとまりなく広がっています。
また、花びらが花ごとポトリと落ちるツバキに対して、サザンカは花びらや雄しべがバラバラに散るため、地面を見れば区別がつきますね。
サザンカは、耐陰性が強く、半日陰地でもよく開花し、種子も大きく、油が採れ、材は細工物に使われます。

鎌倉では、浄智寺東慶寺葛原岡神社源氏山、安国論寺、光明寺、瑞泉寺、杉本寺、光則寺、明月院、海蔵寺、妙本寺などで見られるようです。
咲く時期は寺社によっても変動がありますので、お出かけの際にはご確認下さいね。

鎌倉 山茶花
※記事・写真:カラダファクトリー鎌倉店松井

【山茶花(さざんか)】
学名:Camellia sasanqua
ツバキ目ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹
スポンサーサイト
2011.11.14 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。